Infection Control

感染対策

新しい生活様式に対応した感染対策

マトリクスインターナショナルホテルでは政府により発表された「新しい生活様式」を踏まえ、
お客様に安心してお過ごし頂ける様、感染症対策を徹底して実施致しております。

主な取り組み

お客様と従業員およびお客様同士など、対人距離を確保する(最低1m)。
他人と共有する物品を最低限にし、可能な限り使い捨てにする。
フロントおよび施設内、パブリックスペースや客室に手指の消毒設備を設置する。
館内の手すりやエレベーターボタン、ドアノブなどの定期的な消毒。
従業員全員、マスクの着用と業務内容により手袋を着用いたします。
ビル衛生管理法に基づき施設および客室の換気を維持する。
お客様同士が過密となる可能性の高い各所に、注意喚起の案内を設置。

お客様へのご協力のお願い

館内の共用スペースでは、マスク着用をお願いいたします。
ご来館の際は、備え付け消毒液による手指の消毒をお願いいたします。
お客様同士の身体的距離の確保にご協力をお願いいたします。
ご来館時に検温と「健康状態確認票」へのご記入お願いいたします。
グループで御来館の際は、代表の方に一括でチェックイン。
他の方は、分散して待機をお願いします。

チェックイン

ロビーでは、過密を避け、一定距離を保ちチェックインをお願いします。
サーモグラフィーにて体表面の温度をチェックし、体温の高い方は再検温をお願いします。
フロントやキャッシャーなど、お客様と対面してご案内する箇所に透明アクリル板の設置。
自動チェックイン機を導入し、対面や接触してのご案内を減らしてまいります。
フロントデスク・筆記具等はこまめに消毒する。
カードキーやお客様へお渡しするものなどは、消毒を徹底します。

エレベーター

エレベーターボタンは定期的に消毒致します。
エレベーター内における過密状態を作らないように定員以下でご案内を致します。
エレベーター内に過密を避ける案内を設置しております。

客室・清掃作業

客室清掃スタッフは、マスクと使い捨て手袋を着用する。
ドアノブやデスクなどの接触回数が多い場所は念入りに消毒を行う。
客室清掃終了後に、設置品の表面を消毒します。
チェックアウト清掃時、タオル・リネン類や備品は全て入れ替えします。
ゴミは、ビニール袋で密閉して処理する。
スタッフのユニフォームや衣類は、こまめに洗濯する。

従業員の取り組み

出勤時に従業員の検温を行い、測定記録をつけ、全社員が情報共有をしております。
通勤時のマスク着用、手指消毒や手洗い、うがいを徹底しております。
従業員やその家族に感染疑いがある場合は、出勤を見合わせ、専門機関へ連絡。
その指示に従います。
ホテル内バックヤードや従業員オフィスに消毒液を設置、感染防止に努めます。

ご宿泊頂くお客様にはご不便をお掛けする事と存じますが、ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ご予約はこちらから